ウッドサインをクリエート

和の雰囲気漂う店舗様にご好評いただいている木製看板でございますが、全く和の雰囲気の無い店舗でもご利用頂ける看板だって制作する事が出来ます。

いわゆるウッドサインと言われる物でございまして、海外風に作成されるお客様も沢山いらっしゃいます。外国風に特注して頂ける為のポイントは以下に記載しております。

アメリカ風

主に製作してみたいと思う国のウッドサインと言えばアメリカかと思います。その為細かめに紹介いたします。

【形状】

丸や四角のウッドサインでも勿論構いませんが、いかにもアメリカっぽく見せるのならば矢印の形にしてみたり、魚や亀と言ったモチーフのシルエットを模ったような物も面白いかと思います。

【加工方法の選択】

彫りで完成させる事も出来ますが、もっと激安価格での提供が可能なプリントの方が沢山の色数を利用する事が出来て、POP感を出す事が出来るためアメリカらしい印象になります。

【デザインの特徴】

印刷されるウッドサインのオリジナルデザインはゴチャゴチャとしておらず、見せたい・伝えたい事を大きくドンと配置した物が多く、色使いもインパクトある赤や青などの星条旗に見られるカラーが使用されやすいです。

ヨーロッパ風

コチラもエレガントな雰囲気があって評判高いです。

フォントには飾りのある物を木彫り看板に採用するとヨーロピアンな雰囲気漂いまして、デザインを総合的に見ると配される要素が少なくシンプルにまとめ上げられる事が多い点が特徴的。

色としては白と黒に加えてもう一色のテーマカラー(コーポレートカラー等)の3色構成が多く見られるようです。

アジア風

主に中国、韓国風の格安な看板を製作してみたいと言う場合には、比較的明るめで賑やかなカラーを選ぶとそれっぽくなります。また文字やデザイン等の要素をゴチャゴチャとした雰囲気で詰め込むとネオン街を思わせるような物に完成します。

日本もこの様な傾向が強く、実際の所ウッドサインにてオーダーされる事は少なく、一般的な看板やポスター類に多いデザインと言えそうです。

木彫り看板を大きさで選ぶ
木彫り看板について
当店について
全サイトの一覧
更新履歴
2013年7月30日  用語集に「ウレタン塗装」を追加致しました。
2013年7月11日  用語集に「シルクスクリーン印刷」を追加致しました。
2012年7月 「木彫り看板工芸」サイトオープン