サイズ別木製看板の種類

単に木製看板と申しましても、その種類には様々な物があり、そしてまた大きさも其々、違ってまいります。

そこでこちらでは、サイズ別に木彫り看板の種類をご紹介して行きたいと思います。

木製看板のオリジナル製作をお考え中であり、その目的に最適な大きさを検討中のお客様にはご参考になるかと思います。

一般的な木製看板

それは、店頭用の物であったり、旅館などに掛けられる物であったりと、頻繁に目にする機会がある一般的なサイズで制作された木彫り看板は、決して大きすぎるほど、巨大ではなく、小さすぎるほど、目立たなくないと言う、適度な大きさである事が多く、そこにプリントや印刷された文字や、掘り込まれた物なども非常に読み易く収められている印象がございます。

宣伝を行う目的で作成されると言う側面は控えめで、文字通り看板と言う要素の強さも目立ちます。

お洒落なウッドサイン

木製看板の中でも、小さ目であり、なおかつ、販促宣伝用の要素も多分に盛り込まれて製作される物が、このウッドサインになります。特徴として掘り込むよりも、プリントや印刷、文字を貼り付けての立体感などのデザインになっています。

ウッドサインは店舗のドアや、ドアの上、柱など簡単に取り外しが出来る様なサイズで制作されています。

表札だって木彫り看板

恐らくは木製看板として、作成される物の中では、最も小さいサイズとなるのかもしれない、表札は、目立つデザインと言うよりも、こだわりや個性を全面に押し出しています。それもそのはずで、極論から言えば、誰かに宣伝を行う物でも、販促を行う物でもなんでもない為、自分とご家族のこだわりのみを反映させて製作するのは、自然な事です。

また取り外しを行わないのも特徴の一つと言えば、一つです。更に表札は、印刷や彫り、貼り付けなどが施され、イラストがプリントされる事は稀です。この事から、情報の正確性の維持は必要であると思われているのだと言えます。

大きなサイズの案内板

木製看板として最も大きなサイズであろう物は、案内板と呼ばれる物です。この案内板には様々な種類、そして形があり、特注オーダー制作されている物です。また情報の正確性が特に必要な物なので、その要素の中の中心にある物は、情報力と言う事になります。実際、少し離れた位置でも、書かれている内容が分かる様な存在感を持って、作成されています。

まとめ

この様に木製看板のサイズと共に、そこに盛り込まれる情報や内容、意味など、色々と変わって来る事をご理解頂ければと思います。なお、当店は通販専門にて激安価格で、オリジナル製作販売を承っております。

お客様が制作されたい、理想の木彫り看板を格安で制作されては如何でしょうか?

木彫り看板を大きさで選ぶ
木彫り看板について
当店について
全サイトの一覧
更新履歴
2013年7月30日  用語集に「ウレタン塗装」を追加致しました。
2013年7月11日  用語集に「シルクスクリーン印刷」を追加致しました。
2012年7月 「木彫り看板工芸」サイトオープン